相続税タックスアンサーミニ解説:遺言書の内容と異なる遺産分割をした場合の相続税と贈与税

[平成24年4月1日現在法令等]

 

 

相続人の1人に全部の遺産を与える旨の遺言書がある場合に、相続人全員で遺言書の内容と異なった遺産分割をしたときには、受遺者である相続人が遺贈を事実上放棄し、共同相続人間で遺産分割が行われたとみるのが相当です。したがって、各人の相続税の課税価格は、相続人全員で行われた分割協議の内容によることとなります。

 

なお、受遺者である相続人から他の相続人に対して贈与があったものとして贈与税が課されることにはなりません。

 

(相法11の2、民法907、908)

 

 

国税庁HPより

 

 

詳しくは、国税庁HP No. 4176 遺言書の内容と異なる遺産分割をした場合の相続税と贈与税 を参照

 

<長松ミニ解説>

 

代償 

 

長松ニュース一覧へ>>>

 

 

H24.10.29更新  広島市の長松税理士事務所