相続税タックスアンサーミニ解説:配偶者の税額の軽減

[平成24年4月1日現在法令等]

 

1 制度の概要

 

 配偶者の税額の軽減とは、被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際に取得した正味の遺産額が、次の金額のどちらか多い金額までは配偶者に相続税はかからないという制度です。

(注) この制度の対象となる財産には、仮装又は隠ぺいされていた財産は含まれません。

(1) 1億6千万円

(2) 配偶者の法定相続分相当額
 この配偶者の税額軽減は、配偶者が遺産分割などで実際に取得した財産を基に計算されることになっています。
 したがって、相続税の申告期限までに配偶者に分割されていない財産は税額軽減の対象になりません。
 ただし、相続税の申告書に「申告期限後3年以内の分割見込書」を添付した上で、申告期限までに分割されなかった財産について申告期限から3年以内に分割したときは、税額軽減の対象になります。
 なお、相続税の申告期限から3年を経過する日までに分割できないやむを得ない事情があり、税務署長の承認を受けた場合で、その事情がなくなった日の翌日から4か月以内に分割されたときも、税額軽減の対象になります。

 

2 配偶者の税額軽減を受けるための手続

 

(1) 税額軽減の明細を記載した相続税の申告書に戸籍謄本と遺言書の写しや遺産分割協議書の写しなど、配偶者の取得した財産がわかる書類を添えて提出してください。
 遺産分割協議書の写しには印鑑証明書も付けてください。

(2) 相続税の申告後に行われた遺産分割に基づいて配偶者の税額軽減を受ける場合は、分割が成立した日の翌日から4か月以内に更正の請求という手続をする必要があります。

 

(相法19の2、32、相規1の6、16)

 

参考: 関連コード

4132 相続人の範囲と法定相続分

 

国税庁HPより

 

詳しくは、国税庁HP No. 4158 配偶者の税額の軽減 を参照

 

<長松ミニ解説>

 

配偶者(夫から見て妻、妻から見て夫)が相続により財産を取得した場合、要件を満たせば、一定の控除額があります。

 

配偶者の取得財産1億6,000万円までは、原則として納税額が0になります。

 

配偶者の法定相続分相当額までも、原則として納税額が0になります。

 

遺産分割の確定が要件になりますので、遺産分割が円滑に行われるような相続対策が必要です。

 

また、仮装又は隠ぺいされていた財産は含まれません。分かり易い言葉で言うと脱税の場合は、軽減の対象となりませんので、適正な申告をしたいものですね。

 

 

長松ニュース一覧へ>>>

 

 

H24.10.17更新  広島市の長松税理士事務所