相続税タックスアンサーミニ解説:相続税の計算

[平成24年4月1日現在法令等]

 

 相続税の一般的な計算は、次の順序で行います。

 

1 各人の課税価格の計算

 

 まず、相続や遺贈及び相続時精算課税の適用を受ける贈与によって財産を取得した人ごとに、課税価格を次のように計算します。

 

※国税庁HP参照

(注)

1 相続時精算課税適用者(相続時精算課税に係る受贈者(子)をいいます。)がその特定贈与者(相続時精算課税に係る贈与者(親)をいいます。)から相続又は遺贈により財産を取得しない場合であっても、相続時精算課税の適用を受けるその特定贈与者からの贈与財産は相続又は遺贈により取得したものとみなされ、贈与の時の価額で相続税の課税価格に算入されることになります。

2 相続又は遺贈により財産を取得した相続人等が、相続開始前3年以内にその被相続人からの暦年課税に係る贈与によって取得した財産の価額をいいます。

 

2 相続税の総額の計算

 

 相続税の総額は、次のように計算します。

イ 上記1で計算した各人の課税価格を合計して、課税価格の合計額を計算します。

 各相続人の課税価格の合計=課税価格の合計額

ロ 課税価格の合計額から基礎控除額を差し引いて、課税される遺産の総額を計算します。

 課税価格の合計額−基礎控除額(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)=課税遺産総額

(注)

1 法定相続人の数は、相続の放棄をした人がいても、その放棄がなかったものとした場合の相続人の数をいいます。

2 法定相続人のなかに養子がいる場合の法定相続人の数は、次のとおりとなります。

(1) 被相続人に実子がいる場合は、養子のうち1人を法定相続人に含めます。

(2) 被相続人に実子がいない場合は、養子のうち2人を法定相続人に含めます。

ハ 上記ロで計算した課税遺産総額を、各法定相続人が民法に定める法定相続分に従って取得したものとして、各法定相続人の取得金額を計算します。

課税遺産総額×各法定相続人の法定相続分=法定相続分に応ずる各法定相続人の取得金額(千円未満切り捨て)

ニ 上記ハで計算した各法定相続人ごとの取得金額に税率を乗じて相続税の総額の基となる税額を算出します。

 法定相続分に応ずる各法定相続人の取得金額 × 税率 = 算出税額

ホ 上記ニで計算した各法定相続人ごとの算出税額を合計して相続税の総額を計算します。

 

3 各人ごとの相続税額の計算

 

 相続税の総額を、財産を取得した人の課税価格に応じて割り振って、財産を取得した人ごとの税額を計算します。

 相続税の総額 × 各人の課税価格 ÷ 課税価格の合計額 = 各相続人等の税額

 

4 各人の納付税額の計算

 

 上記3で計算した各相続人等の税額から各種の税額控除額を差し引いた残りの額が各人の納付税額になります。
 ただし、財産を取得した人が被相続人の配偶者、父母、子供以外の者である場合、税額控除を差し引く前の相続税額にその20%相当額を加算した後、税額控除額を差し引きます。
 なお、子供が被相続人より先に死亡しているときは孫(その子供の子)について相続税額に加算する必要はありませんが、子供が被相続人より先に死亡していない場合で被相続人の養子である孫については相続税額に加算する必要があります。
 各種の税額控除等は次の順序で計算します。

 

※国税庁HP参照


 (相法11~20の2、21の9~16、33の2、相基通16-1~16-3、19-11、20の2-4)

 

参考: 関連コード

 

4102 相続税がかかる場合

4103 相続時精算課税の選択

4155 相続税の税率

4158 配偶者の税額の軽減

4161 贈与財産の加算と税額控除

4164 未成年者の税額控除

4167 障害者の税額控除


Q1 相続時精算課税における相続税額の計算(その1)

Q2 相続時精算課税における相続税額の計算(その2)

Q3 相続時精算課税における相続税額の計算(その3)

 

国税庁HPより

 

詳しくは、国税庁HP No. 4152 相続税の計算 を参照

 

<長松ミニ解説>

 

相続税の計算は、複雑で一般の方には分かりにくいものです。

 

相続税の申告は、相続に強い税理士に依頼しましょう。

 

相続後でも、税負担を減らす事も可能ですので、専門家の知恵を借りるのが賢いでしょう。

 

相続税対策においても、相続税に強い税理士にお願いするのが良いでしょう。

 

長松ニュース一覧へ>>>

 

 

H24.10.15更新  広島市の長松税理士事務所