経営計画

次のようなサービスを行っております。

戦略的経営計画

  • 社長の経営構想が経営計画に反映されていますか?
    経営計画が社長の意思決定に役立っていますか?
    社長が経営構想について考える時間が十分ありますか?
  • 会社の業績を上げるために
  • 新商品に力を入れたい
    人員を増やしたい
    機械や車両等の設備投資をしたい
    事務所の引越しをしたい
    売掛金の回収を改善したい
    資金調達を上手く行いたい
    ホームページを活用したい … その他にも色々な構想があるでしょう

    このような社長の構想を数値化するのが戦略的経営計画です。
    この経営計画には社長の経営構想が入っている事に大きな意味があります。

    これを5年間分作成します。
    この計画書の優れているところはキャッシュフローまで読み取れるのです。
    エクセルでは5年間の損益計算書・貸借対照表はできてもキャッシュフローまでは難しいのが現状です。

    これを更に、直近1年間に落とし込み、必達の目標にします。
    毎月の月次処理が終われば、計画書と整合がとれ、計画道理にいくと今期の決算がどうなるかが瞬時でわかります。

    なによりも良いところは、経営構想について考える時間が必然になるという事です。

    普段は業務に追われてなかなか経営構想どころではないかもしれませんが、月に1度は自分の方針は正しいか、もっと良いアイデアがないか考える事はとても重要です。

    それを、その場で計画書が見る事ができるので、決断のスピードが格段に速くなります。

    ヒアリングは当事務所、経営構想を出すのは社長、それに従った数値を出すのが当事務所、経営の決断を下すのは社長です。
  • まずはお気軽にお問い合せください。

ページトップへ ▲

事業承継

  • 背景 経営者の高齢化
  • 使命 優良な中小企業を廃業させてはならない

    図表1:資本金規模別の代表者の平均年齢の推移 図表1:資本金規模別の代表者の平均年齢の推移
  • 世界との競争に日本が勝つために
  • 企業の人材・技術・販路・ノウハウ等を次世代に繋げる
  • 事業承継には時間がかかります
  • 少しでも早い時期に取り組む事が重要です
  • <事業承継の手順>
  • (1)現状把握
    会社の現状 後継者のリストアップ 経営者の資産状況(相続税対策)
    (2)事業承継の方法・後継者の確定
    企業内承継 M&A 会社分割 事業譲渡
    (3)事業承継計画の作成
    中長期経営計画 事業承継の時期
    (4)対策の実行
    企業内承継: 後継者教育 生前贈与 遺言 株式集中対策 株価対策
    M & A : 仲介機関の選定 株式価値増加対策
  • <事業承継のポイント>
  • 「企業内に有能な後継者がいるか」
    ・・・・後継者の条件・・・・
    ◆情熱 ◆構想力 ◆リーダーシップ ◆決断力 ◆実行力

    企業内に後継者がいる場合 企業内に後継者がいいない場合
    企業内承継 M&A
    後継者教育
    相続税対策
    株主対策
    企業の人材・技術・販路・
    ノウハウ等を次世代に繋いでいく
    M&Aは決して悪い方法ではない
  • まずはお気軽にお問い合せください。

ページトップへ ▲